Skip to Content

ロックダウン中の英語学習

ロンドンもしくは他の英語圏で生活する私たちの中には、一時的に友人や同僚と英語で話す機会がなくなり、毎日英会話の練習ができなくてもどかしく感じている人も多くいるかと思います。ロックダウン中に英語を学ぶことは不可能に思えるかも知れませんが、必ずしもそうではありません。スピーキングを練習するのは難しいですが、リスニングやボキャブラリーを上達させるのにこれ以上の機会はありません。そしてこの二つのスキルは、いずれスピーキングを上達するのに役立ちます。

ここでは主にインターネットをツールとした5つの実用的な案をご紹介します。

1) 英語のポッドキャストを聞く!

例えばBBCでは数々の素晴らしいポッドキャストを配信しています。やる気があれば勝ったも同然です。ポッドキャストのよい所は、誰でも必ず楽しめる何かが見つかるということです。

2) 英語の映画を見る!

Netflix、Amazonプライム、もしくはDVDのコレクション、楽しみながら英語を学びましょう!ここでは具体的な提案があります:二つの大切なリスニングのスキルを交互に鍛えること。①要点を聞く②細かいところを聞く。

最初はとりあえず細かいところは気にせず、大まかに理解すること。字幕はオフ にして映画を楽しみましょう。もし本物の英語を聞くのを難しいと感じるのであれば、台詞の少ないアクション映画などを選ぶのがよいかもしれません。そして日本語でも見るような映画を選びましょう。

2回目には、同じ映画もしくは違う映画で、細かいところを聞くようにしてみましょう。映画を実際の英語の教材として扱ってください。字幕を使いながら、勉強した後には字幕なしで俳優たちが何を言っているかわかるよう、映画の一部をマスターしてみましょう。

3) 読書をする!

ポッドキャストや映画はロックダウン以前にも人気がありました。今ロックダウン中で恐らくもっと時間に余裕があることでしょう。もしそうであれば、ボキャブラリーを上達させるのに一番の方法は読書です。本棚で埃をかぶっている本をもう一度読んでみるのはいかがでしょう。もし本が手元にない場合、インターネットで何か興味のある記事・物語を探すこともできます。やる気の出るものを探してみましょう。馴染みのないフレーズを書き出して、そのフレーズを使って自分自身の文章を書いてみるといい練習になります。

4)とにかく英語で話してみる!

私達の経験から、日本人同士で英語でコミュニケーションをするのは、勉強や英語の練習としては、あまりうまくいきません。なぜならすぐに諦めてしまうからです。でもそれではいけません!毎日20分時間を決めて(例えば夕食時)英語で会話をすることはとてもよいスピーキングの練習になる、と私たちは信じています。家での時間が増えた今、このような英会話の練習をする十分な時間があるのではないでしょうか。

5)英会話のレッスンを受けてみましょう!

最後になりましたが、もしスピーキングをする時間がどうしても足りない、というのであれば、オンラインの英会話レッスンを受けてみるのはどうでしょう。色々なオプションがありますが、もちろんPSイングリッシュでのオンラインレッスンが一番お勧めです😉

不安定な時期が続きますが、もうすぐ普通の生活、会社や学校、コーヒーを飲みながらの友達との英会話が再スタートできることを祈り、頑張りましょう。


2020年05月07日