Skip to Content

イギリス英語とアメリカ英語の違い ~単語編~

ピーター校長がPS EnglishのTwitterをジャックしてから早1ヶ月以上経ちました。10月は特にイギリスとアメリカ英単語の違いについてツイートしていました。その中から特に反応の良かったもの、お菓子編、野菜編、洋服編、日常英会話編についてまとめていきます。


【お菓子編】

 イギリス英語         アメリカ英語
クッキーa biscuitA cookie
お菓子sweetscandy
綿菓子a candy flossa cotton candy

【野菜編】

 イギリス英語       アメリカ英語
ズッキーニa courgettea zucchini
なすan auberginean eggplant
ねぎa spring oniona scallion
パクチーa coriandera cilantro
ルッコラrocketarugula
ビーツBeetrootBeets

Courgette、Aubergine、coriander、roquetteはフランス語が語源です。Cilantroはスペイン語からきています。

こちらの動画で発音を確かめてみましょう。

【洋服編】

 イギリス英語         アメリカ英語
ベストa waistcoata vest
肌着a vestan undershirt
水着a swimming costumea bathing suit

【日常英会話編】

 イギリス英語         アメリカ英語
LineQueue
週末At the weekendOn the weekend
解雇されるBe made redundantBe laid off

イギリスで 「列に並んでいますか?」と聞きたいときは、

Are you in the queue? (米: Are you in line? ) 

と尋ねてみましょう。

その他、

「週末パブでサンデーローストを食べるのが好き」

I love going to the pub for a Sunday Roast at the weekend.

「昔はよくサンデーローストを食べにパブへ行ったなあ」

I used to go to the pub for a Sunday Roast at the weekend.

「10月9日付けで、24万2千人が解雇された」

Over 242 thousand people have been made redundant as of 9th October. 


まだまだピーター校長によるTwitterジャックが続いています。

日本人の生徒の皆さんの間違えやすいポイントを踏まえた、ナチャラルな英語表現をツイートしています。

ぜひフォロー、質問を投げかけて下さいね。


2020年12月01日